鶴岡まちなかキネマ

昭和初期建築の木造工場を生かした映画館。
木のぬくもりを感じながらくつろげる、まちなかのオアシス空間です。

top > 上映予定
楽園

『楽園』 10/18(金)公開

監督・脚本 瀬々敬久
原作 吉田修一
キャスト 綾野剛、杉咲花、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、石橋静河、根岸季衣、柄本明、佐藤浩市、ほか
作品解説 「悪人」「怒り」など数々の著作が映画化されてきたベストセラー作家・吉田修一の短編集「犯罪小説集」を、「64 ロクヨン」の瀬々敬久監督が映画化。主演の綾野剛をはじめ、杉咲花、佐藤浩市ら豪華キャストが集結した。ある夏の日、青田に囲まれたY字路で少女誘拐事件が起こる。事件は解決されないまま、直前まで被害者と一緒にいた親友・紡は心に深い傷を負う。それから12年後、かつてと同じY字路で再び少女が行方不明になり、町営住宅で暮らす孤独な男・豪士が犯人として疑われる。追い詰められた豪士は街へと逃れ、そこである行動に出る。さらに1年後、Y字路に続く限界集落で愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこし事業を巡る話のこじれから村八分にされてしまう。追い込まれた善次郎は、ある事件を起こす。
マレフィセント2

『マレフィセント2』 10/18(金)公開

監督 ヨアヒム・ローニング
製作総指揮 アンジェリーナ・ジョリー
キャスト アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー、ほか
作品解説 名作ディズニーアニメ「眠れる森の美女」でオーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかけたマレフィセントを主人公に、アンジェリーナ・ジョリー主演で実写化した「マレフィセント」の続編。前作に続き、マレフィセントをジョリー、オーロラ姫をエル・ファニングが演じる。マレフィセントがオーロラ姫との間に、恋愛でも血の繋がりでもない“真実の愛”を見つけてから数年後。オーロラ姫とフィリップ王子は、めでたく結婚することに。しかし婚礼の日、フィリップ王子の母イングリス王妃が仕かけた罠によってマレフィセントとオーロラ姫の絆は引き裂かれ、究極の愛が試されることになる。イングリス王妃役に「アントマン&ワスプ」のミシェル・ファイファー。「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のヨアヒム・ローニングが監督を務める。
世界から希望が消えたなら

『世界から希望が消えたなら』 10/18(金)公開

監督 赤羽博
脚本 大川咲也加
キャスト 竹内久顕、千眼美子、さとう珠緒、芦川よしみ、木下渓、石橋保、小倉一郎、大浦龍宇一、河相我聞、田村亮、ほか
作品解説 宗教家の大川隆法が製作総指揮と原案を手がけた、医師から余命宣告を受けた男が体験した奇跡を描いたドラマ。ベストセラー作家で、自身で出版社を経営している御祖真(みおやまこと)は、妻と3人の子どもに囲まれ、幸せな日々を送っていた。しかし、彼には誰にも話すことができない秘密があった。ある日の移動中に胸の苦しみを覚えた真は、外の空気を吸うために車から降り、庭園を散歩する。庭園で行われていた結婚式をながめ、娘がいつか着るであろう花嫁姿を思い浮かべた瞬間、激しい心臓発作が真を襲う。その場に倒れ込み、意識を失いかけた真の手に握られていたのはトルストイの小説「復活」だった。緊急搬送された病院で、真は医師から死の宣告を告げられてしまう。主人公の真役を本作が映画初主演となる竹内久顕が務めるほか、千眼美子、さとう珠緒らが脇を固める。
ジェミニマン

『ジェミニマン』 10/25(金)公開

監督 アン・リー
製作 ジェリー・ブラッカイマー
キャスト ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライブ・オーウェン、ベネディクト・ウォン、ほか
作品解説 ウィル・スミスが現在の自分と若い自分の2役を演じ、「ブロークバック・マウンテン」「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」の名匠アン・リーがメガホンをとった近未来アクション。史上最強とうたわれるスナイパーのヘンリーは政府に依頼されたミッションを遂行中、何者かに襲撃される。自分の動きをすべて把握し、神出鬼没な謎の襲撃者の正体は、秘密裏に作られた若い頃のヘンリーのクローンだった。その衝撃の事実を知ったヘンリーは、アメリカ国防情報局の捜査官ダニーの協力を得ながら、政府を巻き込む巨大な陰謀の渦中へと身を投じていく。主演のスミスは現在のヘンリーのほか、クローンである若いヘンリーも演じ、クローンのヘンリーは最新のデジタル技術によってスミスの外見を若返らせている。
チャイルド・プレイ

『チャイルド・プレイ』R15+ 11/1(金)~上映

監督 ラース・クレブバーグ
脚本 タイラー・バートン・スミス
キャスト オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、マーク・ハミル、ビクトリス・キットソス、TYコンシグリオ、ほか
作品解説 かわいらしい見た目とは裏腹に残忍な殺人を繰り返す恐怖の人形チャッキーを描き、1988年の第1作以降、計7作品が製作されてきた人気ホラーシリーズ「チャイルド・プレイ」のリブート作。引越し先で友達のいない少年アンディは、誕生日に母親から人形をプレゼントされる。その人形は、カスラン社の新商品で、音声認識センサーや高解像度画像認識機能などが備えられ、スマートフォンアプリと連携して操作も可能という、最先端の技術が盛り込まれていた。人形を「チャッキー」と名づけて一緒に暮らし始めたアンディだったが、次第に周辺で異変が起こり始め・・・。チャッキーの声を、「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルが担当した。
台風家族

『台風家族』 11/1(金)~上映

監督・脚本 市井昌秀
製作総指揮 木下直哉
キャスト 草彅剛、MEGUMI、中村倫也、尾野真千子、新井浩文、若葉竜也、甲田まひる、長内映里香、相島一之、斉藤暁、榊原るみ、藤竜也、ほか
作品解説 『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督が12年の構想を経て完成させたオリジナルストーリーで、草彅剛が主演を務め、ある家族の遺産相続を巡る台風のように目まぐるしい1日をブラックユーモアたっぷりに描いたヒューマンコメディ。銀行強盗を企て、2000万円もの大金と共に消息を絶った鈴木一鉄と妻・光子。事件から10年が経った現在、いまだに所在がわからない両親の仮想葬儀で財産分与をおこなうため、鈴木家の兄弟たちが集まる。どんな仕事も長続きしない長男の小鉄は妻の美代子、娘のユズキとともに10年ぶりに実家へ訪れ、長女の麗奈、次男の京介と共に、見せかけだけの葬儀を始める。その葬儀も終盤になるころ、見覚えのないチャラチャラした若者が現れ・・・。
ターミネーター/ニュー・フェイト

『ターミネーター/ニュー・フェイト』 11/8(金)公開

監督 ティム・ミラー
製作 ジェームズ・キャメロン、デビッド・エリソン
キャスト アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ、ディエゴ・ボニータ、エドワード・ファーロング、ほか
作品解説 大人気SFアクション「ターミネーター」のシリーズ通算6作目で、名作として人気の高い「ターミネーター2」の正当な続編として描かれる。ジェームズ・キャメロンがプロデューサーとなり、「ターミネーター2」以来にシリーズの製作へ復帰。「デッドプール」を大ヒットさせたティム・ミラー監督が、新たにメガホンをとった。人類滅亡の日である「審判の日」は回避されたと思われたが、まだ危機は去っていなかった。人類の命運を握る女性ダニーを守る謎の戦士グレースと、ダニーの命を狙う最新型ターミネーター「REV-9」が壮絶な攻防を繰り広げる中、彼らの目の前にサラ・コナーとT-800が姿を現す。リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーとエドワード・ファーロング演じるジョン・コナーも、28年ぶりにシリーズに復帰。シリーズの顔であるT-800を演じるアーノルド・シュワルツェネッガーも出演。
あの日のオルガン

『あの日のオルガン』 11/8(金)~上映

監督・脚本 平松恵美子
原作 久保つぎこ
キャスト 戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵、萩原利久、山中崇史、田畑智子、陽月華、松金よね子、林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功、ほか
作品解説 第2次大戦末期に20代を中心とした若手保母(保育士)たちが幼い園児たちとともに集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を戸田恵梨香と大原櫻子のW主演、平松恵美子の監督、脚本により映画化。1944年、第2次世界大戦末期の東京。警報が鳴り、防空壕に非難する生活が続く中、東京・品川の戸越保育所では園児たちの安全を確保するため、保母たちが保育所の疎開を模索していた。ようやく受け入れ先として見つかった埼玉の荒れ寺で疎開生活をスタートした若い保母たちと園児たちは、日々噴出するさまざまな問題に直面しながらも、互いに励ましあいながら奮闘していく。戸田が保母たちのリーダーとなる板倉楓役を、大原が天真爛漫で音楽好きな保母の野々宮光枝役をそれぞれ演じる。
シネマ歌舞伎『女殺油地獄』

シネマ歌舞伎『女殺油地獄』 11/8(金)公開

監督 井上昌典
近松門左衛門
キャスト 松本幸四郎、市川猿之助、市川中車、市川高麗蔵、中村歌昇、中村壱太郎、大谷廣太郎、片岡松之助、嵐橘三郎、中村雁治郎、中村又五郎、中村歌六、ほか
作品解説 2011年にもシネマ歌舞伎化された世話物の名作「女殺油地獄」を、2018年7月大阪松竹座にて十代目松本幸四郎の襲名披露公演として上演された舞台をスクリーンで上映する。映画界で活躍する監督やスタッフが多数参加しており、本番時のみでなく舞台稽古の模様なども撮影することで、実在の事件を基にした若者の孤独と狂気の物語を鮮烈な映像で描きだす。油屋の次男・与兵衛は放蕩三昧の挙句、借金で親から金を巻き上げようとし、家族にまで手をあげる始末。業を煮やした母から勘当を迫られた与兵衛は家を飛び出してしまう。あてもなくさまよう与兵衛が向かった先、それは同業の油屋の女房・お吉のもとだった。
アス

『アス』 11/15(金)~上映

監督・脚本 ジョーダン・ピール
製作 ジョーダン・ピール、ジェイソン・ブラム、ほか
キャスト ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、エリザベス・モス、ティム・ハイデッカー、シャハディ・ライト・ジョセフ、エバン・アレックス、ほか
作品解説 『ゲット・アウト』でアカデミー賞脚本賞を受賞するなど大きな話題を集めたコメディアン、ジョーダン・ピール監督が、自分たちとそっくりの謎の存在と対峙する一家の恐怖を描いたサスペンススリラー。夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れたアデレードは、不気味な偶然に見舞われたことで過去のトラウマがフラッシュバックするようになってしまう。そして、家族の身に何か恐ろしいことが起こるという妄想を次第に強めていく彼女の前に、自分たちとそっくりな“わたしたち”が現れ・・・。主人公のアデレード役は『それでも夜は明ける』で、アカデミー賞助演女優賞を獲得したルピタ・ニョンゴが務めた。
アナと雪の女王2

『アナと雪の女王2』 11/22(金)公開

監督 クリス・バック、ジェニファー・リー
製作 ピーター・デル・ベッチョ
日本語吹替 松たか子、神田沙也加、ほか
作品解説 (作成中)
決算!忠臣蔵

『決算!忠臣蔵』 11/22(金)公開

監督・脚本 中村義洋
原作 山本博文
キャスト 堤真一、岡村隆史、濱田岳、横山裕、荒川良々、大地康雄、西村まさ彦、木村祐一、寺脇康文、鈴木福、千葉雄大、板尾創路、滝藤賢一、笹野高史、竹内結子、西川きよし、石原さとみ、阿部サダヲ、ほか
作品解説 (作成中)
カツベン!

『カツベン!』 12/13(金)公開

監督 周防正行
脚本 片島章三
キャスト 成田凌、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、音尾琢真、竹中直人、渡辺えり、井上真央、小日向文世、竹野内豊、池松壮亮、成河、酒井美紀、山本耕史、城田優、草刈民代、上白石萌音、シャーロット・ケイト・フォックス、ほか
作品解説 (作成中)
映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか

『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』 12/13(金)公開

原案・脚本 日野晃博
テーマ曲 ピンク・レディー
声の出演 (作成中)
作品解説 (作成中)
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 12/20(金)公開

監督・脚本 J・J・エイブラムス
音楽 ジョン・ウィリアムズ
キャスト デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ、、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、ドーナル・グリーソン、ケリー・ラッセル、マーク・ハミル、ほか
作品解説 (作成中)
男はつらいよ お帰り 寅さん

『男はつらいよ お帰り 寅さん』 12/27(金)公開

監督 山田洋次
脚本 山田洋次、浅原雄三
キャスト 渥美清、倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、池脇千鶴、夏木マリ、浅丘ルリ子、美保純、佐藤蛾次郎、桜田ひより、カンニング竹山、出川哲朗、立川志らく、小林稔侍、笹野高史、橋爪功、ほか
作品解説 (作成中)

▲ページのトップへ戻る