まちキネ 上映予定
鶴岡まちなかキネマ

昭和初期建築の木造工場を生かした映画館。
木のぬくもりを感じながらくつろげる、まちなかのオアシス空間です。

top > 上映予定
万引き家族

『万引き家族』 8/17(金)~再上映決定!

監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
キャスト リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美、柄本明、高良健吾、池脇千鶴、樹木希林、ほか
作品解説 「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、東京の下町を舞台に、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描くヒューマンドラマ。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、社会の底辺にいるような一家だったが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることに。そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。リリー・フランキー、樹木希林ら常連のキャストに加え、安藤サクラ、松岡茉優らが是枝組に初参加した。第71回カンヌ国際映画祭にて、日本作品としては21年ぶりの最高賞「パルムドール」を受賞。
検察側の罪人

『検察側の罪人』 8/24(金)公開

監督・脚本 原田眞人
原作 雫井脩介
キャスト 木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、平岳大、大倉孝二、八島智人、矢島健一、音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜、松重豊、山﨑努、ほか
作品解説 木村拓哉と二宮和也の初共演で、雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、最上に師事する新人検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。二人の検事は、事件の審理を巡り互いの正義を賭けて対立していくことに・・・。
ワンダー 君は太陽

『ワンダー 君は太陽』 8/24(金)~上映

監督 スティーブン・チョボウスキー
原作 R・J・パラシオ
キャスト ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン、ジェイコブ・トレンブレイ、マンディ・パティンキン、ダビード・ディグス、イザベラ・ビドビッチ、ダニエル・ローズ・ラッセル、ほか
作品解説 全世界で800万部を超えるベストセラーとなったR・J・パラシオの小説「ワンダー」を、「ウォールフラワー」のスティーブン・チョボウスキー監督・脚本で映画化したヒューマンドラマ。10歳の少年オギーは、「スター・ウォーズ」が大好きで、宇宙飛行士に憧れる男の子。だが、遺伝子の疾患で、生まれつき人とは違う顔をもっていた。そのため、27回もの手術を受け、一度も学校に通わないまま母イザベルと自宅学習をしてきた彼は、小学5年生になって初めて学校へ通うことに。はじめのうちは同級生たちからじろじろ眺められたり避けられたりするオギーだったが、オギーの行動によって同級生たちは少しずつ変わっていく。「ルーム」で世界中から注目を集めた子役ジェイコブ・トレンブレイがオギーを演じ、ジュリア・ロバーツが母イザベル役、オーウェン・ウィルソンが父ネート役をそれぞれ演じた。
アントマン&ワスプ

『アントマン&ワスプ』 8/31(金)公開

監督 ペイトン・リード
製作 ケビン・ファイギ
キャスト ポール・ラッド、エバンジェリン・リリー、マイケル・ペーニャ、ウォルトン・ゴギンズ、ボビー・カナベイル、ジュディ・グリア、ミシェル・ファイファー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ダグラス、ほか
作品解説 マーベルコミック原作で「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する映画「アントマン」のシリーズ第2作。体長1.5センチにまで小さくなることができる異色のヒーロー・アントマンが再びスクリーンへ。今作では、同じく伸縮自在な戦うヒロイン・ワスプが相棒として登場。元泥棒でバツイチのスコット・ラングは、2年前にアベンジャーズの戦いに参加したことがきっかけで、FBIの監視下に置かれ、自宅軟禁の日々を送っていた。あと3日でFBIの監視から解放されるという日、スコットの前に、アントマンのスーツの開発者であるハンク・ピム博士と、博士の娘のホープ・ヴァン・ダインが現れ、2人が極秘に進めていたある計画に協力するよう要請される。そして、そんな彼らの前に、ピム博士の研究技術を狙った、壁をすり抜けるの謎の敵ゴーストが現れ…。前作と同じペイトン・リード監督がメガホンを取り、アントマン=スコット・ラング役のポール・ラッド、ワスプとして戦いに参加するホープ・ヴァン・ダイン役のエバンジェリン・リリー、ピム博士役のマイケル・ダグラスら前作の主要キャストが続投。ホープの母で先代ワスプとなるジャネット・ヴァン・ダイン役でミシェル・ファイファーが新たに参加した。
それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星

『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』 9/7(金)~上映

監督 矢野博之
原作 やなせたかし
声の出演 戸田恵子、中尾隆聖、杏、渡部建、児嶋一哉、ほか
作品解説 やなせたかし原作による人気テレビアニメの劇場版30作目で、アンパンマン誕生のきっかけとなった“いのちの星”をモチーフにしたストーリー。年に一度の星祭りの準備でみんなが大忙しのある日、何でも吸い込んでしまうばいきんまんのゴミ箱から、不思議な女の子クルンが飛び出してくる。自分がどこからやってきたのかわからないクルンだったが、毎日楽しくみんなと過ごしていたが、ある夜、黒い星が大量に降り注ぎ、草木が枯れてしまう事件が発生。いのちの星の故郷によくないことが起きているのかもしれないと考えたアンパンマンやクルンたちは、いのちの星の故郷を目指して出発する。ゲストキャラクターとなるクルンの声を女優の杏、ばいきんまんの操るメカ「だだんだん」「ゴロンゴロ」の声をお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建と児嶋一哉がそれぞれ演じる。
カメラを止めるな!

『カメラを止めるな!』 9/7(金)~上映

監督・脚本 上田慎一郎
プロデューサー 市橋浩治
キャスト 濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、市原洋、山崎俊太郎、大澤真一郎、秋山ゆずき、ほか
作品解説 「37分ワンシーンワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮った人々の姿を描いた話題作。映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で、前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、様々な挑戦に満ちた野心作で、当初は東京2館での公開から、海外映画祭での評判やSNSでの口コミが広がり、全国124の劇場での拡大公開が決定。監督はオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」などに参加してきた上田慎一郎。とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画の撮影をしていたが、そこへ本物のゾンビが襲来。ディレクターの日暮は大喜びで撮影を続けるが、撮影隊の面々は次々とゾンビ化していき…。
プーと大人になった僕

『プーと大人になった僕』 9/14(金)公開

監督 マーク・フォースター
脚本 アレックス・ロス・ペリー、アリソン・シュローダー
キャスト ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル、マーク・ゲイティス、ジム・カミングス、クリス・オダウド、ブラッド・ギャレット、トビー・ジョーンズ、ニック・モハメッド、ほか
作品解説 ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写映画化し、大人になった親友クリストファー・ロビンとの再会と、その先に待ち受ける新たな冒険を描いたファンタジードラマ。かつて「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わしてプーさんと別れた少年クリストファー・ロビンは、大人になった現在は愛する妻や娘とロンドンで暮らしながら、多忙な日々を送っていた。そんなある日、重要な仕事を任され、公園のベンチで頭を抱えていると、かつての大親友であるプーが現れる。「スター・ウォーズ」シリーズのオビ=ワン・ケノービ役などで知られるユアン・マクレガーが大人になったクリストファー・ロビンを演じる。
散り椿

『散り椿』 9/28(金)公開

監督 木村大作
脚本 小泉堯史
キャスト 岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、芳根京子、駿河太郎、渡辺大、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二、ほか
作品解説 黒澤組出身の名キャメラマン木村大作の監督3作目で、直木賞作家・葉室麟の同名時代小説を「雨あがる」などの小泉堯史を脚本に迎え、岡田准一主演で映画化。享保15年。藩の不正を訴え出たために藩を追われた瓜生新兵衛。追放後も連れ添い続け、病に倒れた妻・篠は、死の床で最期の願いを新兵衛に託す。それは、新兵衛のかつての友にしてライバルであり、藩追放に関しても大きな因縁を持つ人物・榊原采女を助けてほしいというものだった。妻の願いをかなえるため故郷へ戻った新兵衛は、やがてある確証を得て采女と対峙する。主人公・新兵衛を岡田、采女を西島秀俊が演じるほか、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ら日本映画界を代表する豪華俳優陣が集結。
パーフェクトワールド 君といる奇跡

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』 10/5(金)公開

監督 柴山健次
脚本 鹿目けい子
キャスト 岩田剛典、杉咲花、須賀健太、芦名星、マギー、大政絢、伊藤かずえ、小市慢太郎、財前直見、ほか
作品解説 (作成中)
旅猫リポート

『旅猫リポート』 10/26(金)公開

監督 三木康一郎
脚本 有川浩、平松美恵子
キャスト 福士蒼汰、高畑充希、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、前野朋哉、戸田菜穂、橋本じゅん、木村多江、田中壮太郎、笛木優子、竹内結子、ほか
作品解説 (作成中)
ヴェノム

『ヴェノム』 11/2(金)公開

監督 ルーベン・フライシャー
製作 ケビン・ファイギ
キャスト トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド、スコット・ヘイズ、リード・スコット、ほか
作品解説 (作成中)
ボヘミアン・ラプソディ

『ボヘミアン・ラプソディ』 11/9(金)公開

監督 ブライアン・シンガー
音楽総指揮 ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
キャスト ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、ベン・ハーディ、グウィルム・リー、ルーシー・ボーイントン、マイク・マイヤーズ、アレン・リーチ、ほか
作品解説 (作成中)
人魚の眠る家

『人魚の眠る家』 11/16(金)公開

監督 堤幸彦
原作 東野圭吾
キャスト 篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子、ほか
作品解説 (作成中)
ドラゴンボール超 ブロリー

『ドラゴンボール超 ブロリー』 12/14(金)公開

監督 長峯達也
原作・脚本 鳥山明
声の出演 野沢雅子、堀川りょう、中尾隆聖、島田敏、久川綾、古川登志夫、草尾毅、山寺宏一、森田成一、宝亀克寿、ほか
作品解説 (作成中)
映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS

『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』 12/14(金)公開

監督 高橋滋春
原案・脚本 日野晃博
声の出演 (未定)
作品解説 (作成中)

▲ページのトップへ戻る