鶴岡まちなかキネマ

昭和初期建築の木造工場を生かした映画館。
木のぬくもりを感じながらくつろげる、まちなかのオアシス空間です。

top > 上映予定
空母いぶき

『空母いぶき』 5/24(金)公開

監督 若松節朗
原作 かわぐちかいじ
キャスト 西島秀俊、佐々木蔵之介、藤竜也、村上淳、石田法嗣、戸次重幸、市原隼人、吉田栄作、本田翼、斉藤由貴、片桐仁、益岡徹、中井貴一、深川麻衣、和田正人、玉木宏、小倉久寛、佐藤浩市、ほか
作品解説 「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじ原作のベストセラーコミックを、西島秀俊と佐々木蔵之介のW主演で実写映画化。世界が再び「空母の時代」に突入した20XX年。日本の最南端沖で国籍不明の軍事勢力が領土の一部を占拠し、海上保安庁の隊員を拘束する事態が発生。未曾有の緊張感に包まれる中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とした護衛艦群を現場に派遣するが…。西島が、航空自衛隊のパイロットとしての実績を買われていぶき艦長に抜擢された秋津竜太、佐々木が、海上自衛隊の生え抜きながら副長に甘んじる新波歳也を演じる。監督は「沈まぬ太陽」「ホワイトアウト」などの若松節朗。「ローレライ」「亡国のイージス」などで知られる作家の福井晴敏が企画に携わっている。
貞子

『貞子』 5/24(金)公開

監督 中田秀夫
原作 鈴木光司
キャスト 池田エライザ、塚本高史、清水尋也、姫嶋ひめか、桐山漣、ともさかりえ、佐藤仁美、ほか
作品解説 Jホラーブームの金字塔とも言える「リング」シリーズに登場するホラーアイコン・貞子が巻き起こす新たな恐怖を、鈴木光司の小説「タイド」を原作に、シリーズ第1作などを手がけた中田秀夫監督が描いた。心理カウンセラーの茉優は、警察に保護された1人の少女を担当することに。全ての記憶を失い自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女の周囲で不可解な出来事が起こり始める。一方、YouTuberとなった茉優の弟・和真は再生回数を稼ぐため、5人の死者を出した団地の火災現場跡 に忍び込んで心霊動画を撮ろうとするが…。
ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~

『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』 5/24(金)~上映

監督 リック・グレハン
アソシエイトプロデューサー 木佐美有
キャスト 吉田正人、安部真理子、中井達郎、東恩納琢磨、吉川秀樹、海勢頭豊、鈴木雅子、浦島悦子、細川太郎、西平伸、岩本俊紀、末吉里花、ほか
作品解説 沖縄県の辺野古・大浦湾に広がる大自然を題材にしたドキュメンタリー。絶滅危惧種のジュゴンが生息する辺野古・大浦湾は、森と川、マングローブ、干潟、サンゴ礁などがひとまとまりに残された、生命に満ちあふれた海だ。しかし、米軍基地建設計画が進められる中で、ジュゴンの餌場であるサンゴ礁が埋め立ての危機に立たされている。アイルランド出身で長年広告制作に携わってきたリック・グレハン監督が、自然保護団体や研究者、抗議活動に参加する市民、地元住民など様々な立場の人々を取材。地域が直面している複雑な状況を伝え、豊かな自然環境を保護することの重要性を訴える。
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 5/31(金)公開

監督 マイケル・ドハティ
脚本 マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
キャスト カイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、ブラッドリー・ウィットフォード、サリー・ホーキンス、渡辺謙、チャン・ツィイー、ほか
作品解説 日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した2014年製作「GODZILLA ゴジラ」の続編。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に所属する人々が奮闘する姿を描く。「X-MEN:アポカリプス」「スーパーマン リターンズ」などで原案や脚本を担当してきたマイケル・ドハティが、脚本を手がけ、自らメガホンもとった。前作から引き続き、芹沢猪四郎博士役を演じた渡辺謙が出演するほか、カイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、サリー・ホーキンス、チャン・ツィイー、大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」のミリー・ボビー・ブラウンらが共演。
アラジン

『アラジン』 6/7(金)公開

監督 ガイ・リッチー
脚本 ジョン・オーガスト、ガイ・リッチー
キャスト ウィル・スミス、メナ・マスード、ナオミ・スコット、マーワン・ケンザリ、ナビド・ネバーガン、ナシム・ペドラド、ビリー・マグヌッセン、ほか
作品解説 1992年公開のディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督が実写映画。生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を持ち、自由に憧れる王女ジャスミン。2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟にランプを取りにいくことになるが・・・。魔法のランプから現れる陽気な魔人・ジーニーをウィル・スミスが演じる。アニメ版でアカデミー主題歌賞を受賞したアラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の「ホール・ニュー・ワールド」などおなじみの楽曲も流れるほか、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが手がけた新曲も物語を彩る。
MIB

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』 6/14(金)公開

監督 F・ゲイリー・グレイ
脚本 マット・ホロウェイ、アート・マーカム
キャスト クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン、レベッカ・ファーガソン、ほか
作品解説 地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクションコメディ「メン・イン・ブラック」シリーズの4作目。主演は、過去3作のウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズから、「マイティ・ソー バトルロイヤル」でもタッグを組んだクリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンへとバトンタッチ。イケメンでチャラ男風な先輩エージェントのHと、エリート新人女性エージェントのMという、性格のまったく異なる男女のエージェントがコンビを組み、MIB内部のスパイ摘発ミッションに挑む。共演は「96時間」シリーズのリーアム・ニーソンの他、エージェントO役はエマ・トンプソンが続投している。
ビリーブ 未来への大逆転

『ビリーブ 未来への大逆転』 6/14(金)~上映

監督 ミミ・レダー
脚本 ダニエル・スティープルマン
キャスト フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、ジャスティン・セロー、サム・ウォーターストン、キャシー・ベイツ、スティーブン・ルート、ジャック・レイナー、カイリー・スパイニー、ほか
作品解説 「博士と彼女のセオリー」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のフェリシティ・ジョーンズ主演で、史上初の男女平等裁判に挑んだ女性弁護士ルース・ギンズバーグの実話を描いた。のちにアメリカで最高裁判事を務めることとなるルース・ギンズバーグは、貧しいユダヤ人家庭に生まれ、努力の末に名門ハーバード法科大学院に入学する。夫マーティの協力のもと彼女は大学院を首席で卒業するが、女性であることを理由にルースを雇い入れる法律事務所はどこにもなかった。やむなくルースは大学教授となり、男女平等の講義に力を入れ始める。弁護士の夢を捨てきれずにいる中、ある訴訟記録を目にし、それが歴史を変える裁判になると信じたルースは自ら弁護を買って出るが…。ルースを支え続ける夫役を「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマー、伝説の弁護士役を「ミザリー」のキャシー・ベイツが演じた。
ザ・ファブル

『ザ・ファブル』 6/21(金)公開

監督 江口カン
脚本 渡辺雄介
キャスト 岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、木村了、井之脇海、藤森慎吾、佐藤二朗、光石研、安田顕、佐藤浩市、ほか
作品解説 2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化。超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられる。もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、大阪で暮らし始める。生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘するファブルだったが、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、再び裏社会に乗り込むことになる。相棒ヨウコを木村文乃、ボスを佐藤浩市が演じるほか、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理ら豪華キャストが集結。
坂東玉三郎 鷺娘

シネマ歌舞伎『坂東玉三郎 鷺娘』 同時上映:日高川入相花王 6/21(金)公開

キャスト 【鷺娘】坂東玉三郎
【日高川入相花王】坂東玉三郎、尾上菊之助、市川九團次
作品解説 新たな観劇体験として人気を呼ぶシネマ歌舞伎シリーズでも屈指の名作に挙げられる坂東玉三郎主演の『鷺娘』を再上映。玉三郎自身の監修の下、2006年に劇場公開されたものを最新技術を駆使し、補正、調整をしたサウンドリマスター版。雪の降る水辺に立つ柳の下に、蛇の目傘をさした白無垢姿の娘がたたずんでいる。その娘は、実は白鷺の精だった。白鷺の精は華やかな町娘の姿となり、その恋心をさまざまに見せていくのだが…。1978年の初演以降、圧倒的な美しさが国内外で評判を呼び、玉三郎の代表作のひとつとなった演目だが、高度な技術と数十キロに及ぶ衣装や鬘をつけて踊り続ける体力を必要とするため、09年の上演を最後に、全編を踊ることはないと言われている伝説の一作。また、坂東玉三郎、尾上菊之助ら出演の「日高川入相花王」を同時上映する。
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 6/28(金)公開

監督 ジョン・ワッツ
脚本 クリス・マッケーナ、エリック・ソマーズ
キャスト トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、コビー・スマルダース、ジョン・ファブロー、J・B・スムーブ、ジェイコブ・バタロン、マリサ・トメイ、ジェイク・ギレンホール、ほか
作品解説 若手俳優のトム・ホランドがスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じた「スパイダーマン ホームカミング」の続編。「アベンジャーズ/エンドゲーム」後の世界を舞台に、高校生のピーター・パーカーが真のヒーローへと成長していく姿を描く。夏休みに学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かけたピーターの前に、元「S.H.I.E.L.D.」長官でアベンジャーズを影から支えてきたニック・フューリーが現れる。一方、ベネチア、ベルリン、ロンドンなど世界各地に、炎や水など自然の力を操るクリーチャーが出現。世界に危機が迫るなか、ニックは「別の世界」からやってきたという男ベックをピーターに引き合わせる。監督は、前作に続いてジョン・ワッツ。ベック役に「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホール。
初恋~お父さん、チビがいなくなりました

『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』 6/28(金)~上映

監督 小林聖太郎
原作 西炯子
キャスト 倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子、佐藤流司、小林且弥、優希美青、濱田和馬、吉川友、小市慢太郎、西田尚美、星由里子、ほか
作品解説 「娚(おとこ)の一生」「姉の結婚」などで知られる西炯子の人気漫画「お父さんチビがいなくなりました」を倍賞千恵子、藤竜也主演で映画化。3人の子どもを育て上げ、猫のチビと穏やかに晩年を暮らしている勝と有喜子の夫婦。無口で頑固な夫の勝との暮らしは静かで平穏ではあったが、妻の有喜子にはある想いと寂しさを抱えていた。そんな思いから有喜子は娘の菜穂子に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。その真意を探ろうと長男・雅紀や長女・祥子たちが大騒ぎする中、猫のチビが姿を消してしまう。チビを心の拠りどころにしていた有喜子の気持ちは追い詰められていく。監督は「毎日かあさん」「マエストロ!」の小林聖太郎。
ミュウツーの逆襲 EVOLUTION

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』 7/12(金)公開

監督 湯山邦彦、榊原幹典
原案 田尻智
声の出演 松本梨香、大谷育江、林原めぐみ、三木眞一郎、犬山イヌコ、市村正親、小林幸子、山寺宏一、石塚運昇(ナレーション)、ほか
作品解説 (作成中)
トイ・ストーリー4

『トイ・ストーリー4』 7/12(金)公開

監督 ジョシュ・クーリー
脚本 ステファニー・フォルソム、アンドリュー・スタントン
声の出演
(日本語吹替)
唐沢寿明、所ジョージ、日下由美、辻萬長、松金よね子、三ツ矢雄二、咲野俊介、辻親八、戸田恵子、ほか
作品解説 (作成中)
ペット2

『ペット2』 7/26(金)公開

監督 クリス・ルノー
脚本 ブライアン・リンチ
声の出演
(日本語吹替)
設楽統、日村勇紀、佐藤栞、永作博美、沢城みゆき、中尾隆聖、宮野真守、梶裕貴、かぬか光明、銀河万丈、青山穣、ほか
作品解説 (作成中)
アルキメデスの大戦

『アルキメデスの大戦』 7/26(金)公開

監督・脚本 山崎貴
原作 三田紀房
キャスト 菅田将暉、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯、舘ひろし、ほか
作品解説 (作成中)
ワイルド・スピード/スーパーコンボ

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』 8/2(金)公開

監督 デビッド・リーチ
脚本 クリス・モーガン
キャスト ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドリス・エルバ、バネッサ・カービー、ヘレン・ミレン、ほか
作品解説 (作成中)
劇場版ONE PIECE STAMPEDE

『劇場版ONE PIECE STAMPEDE』 8/9(金)公開

監督 大塚隆史
原作・監修 尾田栄一郎
声の出演 田中真弓、中井和哉、岡村朋美、山口勝平、大谷育江、平田広明、山口由里子、矢尾一樹、チョー、磯部勉、ユースケ・サンタマリア、指原莉乃、山里亮太、ほか
作品解説 (作成中)

▲ページのトップへ戻る