鶴岡まちなかキネマ

昭和初期建築の木造工場を生かした映画館。
木のぬくもりを感じながらくつろげる、まちなかのオアシス空間です。

top > 上映予定
マンチェスター・バイ・ザ・シー

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 6/24(土)~上映

監督 ケネス・ローナガン
脚本 ケネス・ローナガン
キャスト ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード、ほか
作品解説 「インターステラー」のケイシー・アフレックが主演し、心を閉ざして孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに故郷に戻り、甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく姿を描いたヒューマンドラマ。第89回アカデミー賞で主演男優賞と脚本賞を受賞。プロデューサーとしてマット・デイモンが参加している。
標的の島 風かたか

『標的の島 風かたか』 6/24(土)~上映

監督 三上智恵
ナレーション 三上智恵
作品解説 「標的の村」「戦場ぬ止み」と、沖縄の米軍基地問題を取り上げ続けている三上智恵監督によるドキュメンタリー。辺野古の新基地建設、高江のオスプレイヘリパッド建設、宮古島・石垣島のミサイル基地建設や自衛隊配備など沖縄の様々な現実と反対派住民たちの抵抗を、島々の自然と歴史が育んだ豊かな文化を交え映し出す。タイトルは2016年6月に米軍属女性暴行殺人事件被害者追悼集会での稲嶺進名護市長による「我々は、また命を救う『風かたか』になれなかった」の発言から取られ、「風かたか」は風よけを意味する。
劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆

『劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆』 6/24(土)~上映

監督 河浪栄作
原案 おおじこうじ
キャスト 島﨑信長、鈴木達央、代永 翼、平川大輔、宮野真守、豊永利行、内山昂輝、ほか
作品解説 第2回京都アニメーション大賞奨励賞受賞作「ハイ☆スピード!」を原案として生まれたTVアニメ「Free!」シリーズ。水泳にかける少年たちの熱い想いや繊細な心のやりとりを描いた物語が、2本の劇場版として再構築され、新規エピソードとともにスクリーンに登場。本作『絆』では、ある事情で水泳から離れていた七瀬遙が、どんな時も隣にいてくれる真琴や、岩鳶高校で再会した後輩の渚、仲間の大切さを思い出させてくれた怜と出会い、再び泳ぎ始める姿を描く。
メッセージ

『メッセージ』 7/1(土)~上映

監督 ドゥニ・ヴィルヌーブ
原作 テッド・チャン
キャスト エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、ほか
作品解説 「プリズナーズ」「ボーダーライン」などを手がけ、2017年公開の「ブレードランナー 2049」の監督にも抜擢されたカナダの鬼才ドゥニ・ビルヌーブが、異星人とのコンタクトを描いた米作家テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を映画化したSFドラマ。本年度アカデミー賞では、音響編集賞を受賞し、作品賞・監督賞・脚色賞ほか計8部門にノミネートされた。
健さん

『健さん』 7/1(土)~上映

監督 日比遊一
語り 中井貴一
キャスト 高倉健、マイケル・ダグラス、マーティン・スコセッシ、ポール・シュレイダー、ジョン・ウー、梅宮辰夫、矢名信夫、中野良子、ほか
作品解説 2014年に他界した名優・高倉健を題材にしたドキュメンタリー。外国映画へも積極的に出演した故人の俳優としての在り方に焦点を当て、プライベートのエピソードなども交えながら、新たな高倉健像を描き出す。「ブラック・レイン」で共演したマイケル・ダグラスが撮影当時の様子を初めて明かすなど、ヤン・デ・ボン、ジョン・ウーら、世界的な映画人たちが高倉の魅力を語りつくす。監督は、ニューヨークを拠点に写真家・ドキュメンタリー作家として活躍する日比遊一が務めた。
忍びの国

『忍びの国』 7/1(土)公開

監督 中村義洋
原作・脚本 和田竜
キャスト 大野智、石原さとみ、鈴木亮平、知念侑李、マキタスポーツ、平祐奈、立川談春、國村隼、伊勢谷友介、ほか
作品解説 「のぼうの城」「村上海賊の娘」の和田竜の原作小説を、嵐の大野智主演、中村義洋監督のメガホンにより映画化。天下統一に向け、諸国を次々と攻め落としていた織田信長が攻め入ることができなかったただひとつの国、伊賀の国。人でなしの忍者衆が住む伊賀の国に暮らす忍者の無門の活躍を描いた戦国エンターテインメント大作。侍VS忍びの逆転劇の幕が開く。
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』 7/1(土)公開

監督 ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ
製作 ジェリー・ブラッカイマー
キャスト ジョニー・デップ、ハビエル・バルデム、オーランド・ブルーム、ジェフリー・ラッシュ、ブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラリオ、ほか
作品解説 ジョニー・デップ主演による世界的大ヒットシリーズの待望の第5弾。孤高の海賊ジャック・スパロウと、ジャックへの復讐に燃える「海の死神」サラザールの因縁の対決を軸に、かつてジャックと冒険したウィル・ターナーとその息子ヘンリー、孤独な天文学者カリーナ、ジャックの宿敵バルボッサらの運命が交錯する。オーランド・ブルームやキーラ・ナイトレイのシリーズ復帰も話題に。
劇場版 黒子のバスケ LAST GAME

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』 7/8(土)~上映

監督 多田俊介
原案 藤巻忠俊
キャスト 小野賢章、小野友樹、神谷浩史、諏訪部順一、小野大輔、緑川光、稲田徹、ほか
作品解説 週刊少年ジャンプに連載されたバスケ漫画原作の劇場版アニメ。黒子テツヤらが2年生となり、夏のインターハイが終わる頃、アメリカのストリートバスケチーム「Jabberwock」が来日し、圧倒的な実力を見せつけ、日本のバスケをあざ笑う。黒子と火神、そして「キセキの世代」と呼ばれた実力者たちがドリームチーム「VORPAL SWORDS」を結成し、戦いを挑む。原作者の藤巻忠俊による新エピソードが加えられている点にも注目。
メアリと魔女の花

『メアリと魔女の花』 7/8(土)公開

監督 米林宏昌
原作 メアリー・スチュアート
声の出演 杉咲花、神木隆之介、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、遠藤憲一、渡辺えり、大竹しのぶ、ほか
作品解説 「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後に初めて手掛けた作品で、同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノックの長編第1作となるファンタジーアニメ。原作はイギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学「The Little Broomstick」。魔女の花を見つけたことから魔法世界に迷い込んだ少女メアリ。明朗快活、天真爛漫、だけど不器用なメアリの一夜限りの冒険を描く。
劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』 7/15(土)公開

監督 湯山邦彦
原案 田尻智
声の出演 松本梨香、大谷育江、林原めぐみ、三木眞一郎、犬山イヌコ、本郷奏多、佐藤栞里、山寺宏一、中川翔子、古田新太、ほか
作品解説 すべてのポケモンファンへ贈る「ポケットモンスター」劇場版第20作。20年前に放送されたテレビアニメ第1話のラストで、旅立ちの日に伝説のポケモン“ホウオウ”を目撃したサトシとピカチュウが交わした約束の続き描いた完全オリジナルストーリー。最初はぶつかり合いばかりだったサトシとピカチュウが徐々に友情を深め、約束を果たすためホウオウが住むテンセイ山を目指す。
カーズ/クロスロード

『カーズ/クロスロード』 7/15(土)公開

監督 ブライアン・フィー
製作総指揮 ジョン・ラセター
声の出演 土田大、山口智充、戸田恵子、松岡茉優、藤森慎吾、ほか
作品解説 前2作で監督を務めたジョン・ラセターが製作総指揮を担当し、ストーリーボードアーティストなどで参加していたブライアン・フィーが初監督。すでにベテランの域に達しつつある天才レーサー・マックィーンが、最新テクノロジーを追求した次世代レーシングカーたちの台頭と、レース中の大クラッシュをきっかけに人生の岐路に直面し、大きな決断を迫られる姿を描く。
怪盗グルーのミニオン大脱走

『怪盗グルーのミニオン大脱走』 7/21(金)公開

監督 ピエール・コフィン、カイル・バルダ
製作総指揮 クリス・メレダンドリ
声の出演 笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、中島美嘉、須藤祐実、矢島晶子、松山ケンイチ、ほか
作品解説 ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオによる人気アニメーション「怪盗グル―」シリーズの第3弾。晴れて結婚したグルーとルーシーの前に、新たな敵バルタザール・ブラットが現れる。さらに、グルーにドルーという生き別れになっていた双子の兄弟がいることが判明。ドルーの夢は父の志を受け継ぎ天下の大悪党になること。ミニオンたちは、グルーが再び悪の道に戻ってくることを期待していたが、グルーにその気がないことを知り、新たなボスを求めて旅に出るのだが…。
それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!

『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』 8/19(土)~上映

監督 矢野博之
原作 やなせたかし
声の出演 戸田恵子、中尾隆聖、多部未華子、ウド鈴木、天野ひろゆき、ほか
作品解説 原作者やなせたかしが残した名作絵本「やさしいライオン」の主人公をモデルとしたライオンの男の子のキャラクター・ブルブルが登場。強がっているが本当は怖がりなブルブルは、アンパンマンたちと一緒に宝探しの旅に出るが、案の定、宝を横取りしようと企むばいきんまんたちも現れる。ブルブル役には女優の多部未華子を起用し、キャイーンの二人もゲスト声優として出演している。

▲ページのトップへ戻る