鶴岡まちなかキネマ

昭和初期建築の木造工場を生かした映画館。
木のぬくもりを感じながらくつろげる、まちなかのオアシス空間です。

top > 上映予定
人生フルーツ

☆樹木希林さん 追悼企画上映☆『人生フルーツ』 1/25(金)~上映

監督 伏原健之
プロデューサー 阿武野勝彦
キャスト 津村修一、津村英子、ほか /〈ナレーション〉樹木希林
作品解説 名古屋近郊の高蔵寺ニュータウンの一隅で、雑木林に囲まれ自給自足に近い生活を営む建築家の津端修一氏と妻の英子さんの日常を追ったドキュメンタリー。阿佐ヶ谷住宅をはじめさまざまな団地などの都市計画に携わってきた津端氏が自ら手掛けたニュータウンに居を構え、時を重ねてきた二人の暮らしを通し、日本が失った本当の豊かさを探る。ナレーションを女優の樹木希林が務める。
ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』PG12 1/25(金)~上映

監督 ステファノ・ソッリマ
脚本 テイラー・シェリダン
キャスト ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、マシュー・モディーン、キャサリン・キーナー、ジェフリー・ドノバン、イライジャ・ロドリゲス、ほか
作品解説 アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実をリアルに描き、アカデミー賞3部門にノミネートされた「ボーダーライン」の続編。アメリカで市民15人が命を失う自爆テロ事件が発生した。犯人がメキシコ経由で不法入国したとの疑いをかけた政府から任務を命じられたCIA特別捜査官マットは、カルテルに家族を殺された過去を持つ暗殺者アレハンドロに協力を依頼。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、メキシコ国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテル同士の争いへと発展させる任務を極秘裏に遂行するが…。前作から引き続きベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリンが出演。脚本は前作「ボーダーライン」と「最後の追跡」でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたテイラー・シェリダン。
パッドマン 5億人の女性を救った男

『パッドマン 5億人の女性を救った男』 1/25(金)~上映

監督・脚本 R.バールキ
音楽 アミット・トリベディ
キャスト アクシャイ・クマール、ソーナム・カプール、ラーディカー・アープテー、アミターブ・バッチャン、ほか
作品解説 現代のインドで、安全で安価な生理用品の普及に奔走した男の実話を映画化したヒューマンドラマ。北インドの小さな村の工房で働くラクシュミは、妻と結婚式を挙げたばかり。ある日、最愛の妻が生理用品が買えず不衛生な布を使用していることを知り、清潔で安価なナプキンを自ら手作りすることに。生理用品の研究とリサーチに明け暮れるラクシュミは、村人たちから奇異な目を向けられ、数々の誤解や困難に直面してしまう。しかし、彼の熱意に賛同した女性パリーの協力もあり、ついに低コストで大量生産できる製造機の発明に成功。農村の女性たちに、ナプキンだけでなく、その製造機を使って働く機会も与えようと奮闘するラクシュミだったが…。
赤い雪

★オール県内ロケ『赤い雪 Red Snow』 2/1(金)公開

監督 甲斐さやか
脚本 甲斐さやか
キャスト 永瀬正敏、菜葉菜、井浦新、夏川結衣、佐藤浩市、吉澤健、坂本長利、眞島秀和、紺野千春、イモトアヤコ、好井まさお、ほか
作品解説 少年失踪事件を題材に永瀬正敏、菜葉菜ら実力派キャストを擁し、、オール山形県ロケを敢行したサスペンス。雪が降り続く小さな村で1人の少年が姿を消し、一緒にいた兄・白川一希の記憶が曖昧だったことから捜査は混乱する。捜査線上に他に何件もの殺人容疑がかかる江藤早奈江が浮かび上がるが、完全黙秘を貫いた早奈江は無罪となる。事件から30年、容疑者・早奈江の一人娘である早百合を見つけ出した事件記者の木立省吾が、一希のもとへとやってくる。30年という長い年月を経て、出会った被害者の兄と容疑者の娘。それぞれ心に傷を持つ2人の出会いによって、予想外の結末へと収束していく。監督は国内外の映画祭で高評価を受け、本作が長編初メガホンとなる甲斐さやか。
七つの会議

『七つの会議』 2/1(金)公開

監督 福沢克雄
原作 池井戸潤
キャスト 野村萬斎、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、藤森慎吾、朝倉あき、岡田浩暉、木下ほうか、吉田羊、土屋太鳳、小泉孝太郎、溝端淳平、春風亭昇太、立川談春、勝村政信、世良公則、鹿賀丈史、橋爪功、北大路欣也、ほか
作品解説 池井戸潤の同名企業犯罪小説を、野村萬斎主演で映画化。中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長の八角民夫は、いわゆる「ぐうたら社員」。トップセールスマンで、八角の年下である課長の坂戸からは、そのなまけぶりを叱責されるも、八角はひょうひょうとした毎日を送っていた。そんなある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下される。坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた原島が新しい課長として一課に着任するが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。萬斎のほか、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、立川談春、北大路欣也といった池井戸ドラマ常連俳優が顔を揃えた。監督は「陸王」「下町ロケット」「半沢直樹」など、一連の池井戸ドラマの演出を手がけた福澤克雄。
メリー・ポピンズ リターンズ

『メリー・ポピンズ リターンズ』 2/1(金)公開

監督 ロブ・マーシャル
脚本 デビッド・マギー
キャスト エミリー・ブラント、リン=マニュエル・ミランダ、ベン・ウィショー、エミリー・モーティマー、ジュリー・ウォルターズ、コリン・ファース、メリル・ストリープ、アンジェラ・ランズベリー、ディック・バン・ダイク、ほか
作品解説 アカデミー賞5部門に輝いた1964年公開の名作ディズニー映画「メリー・ポピンズ」の20年後を描いた続編。大恐慌時代のロンドン。バンクス家の長男マイケルは今では家庭を持つ父親となり、かつて父や祖父が働いていたロンドンのフィデリティ銀行で臨時の仕事に就いていた。しかし現在のバンクス家に金銭的な余裕はなく、さらにマイケルは妻を亡くしたばかりで家の中も荒れ放題。そこへ追い打ちをかけるように、融資の返済期限切れで家まで失う大ピンチに陥ってしまう。そんな彼らの前に、あの「ほぼ完璧な魔法使い」メリー・ポピンズが風に乗って舞い降りて来て・・・。主人公メリー・ポピンズをエミリー・ブラントが演じるほか、コリン・ファース、メリル・ストリープ、ベン・ウィショーら豪華キャストが集結。
神宮希林 わたしの神様

☆樹木希林さん 追悼企画上映☆『神宮希林 わたしの神様』 2/8(金)~上映

監督 伏原健之
プロデューサー 阿武野勝彦
キャスト 樹木希林、ほか
作品解説 女優の樹木希林が、20年に一度の式年遷宮の年である2013年に、人生で初めてのお伊勢参りに向かった旅をとらえたドキュメンタリー。東京・渋谷の自宅から出発した樹木は、人々と触れ合いながら祭事にも参加し、神宮とは何かの答えを求めて歩く。また、かねてから樹木が会いたいと願っていた、神宮と和歌に造詣の深い歌人・岡野弘彦さんに会うため、静岡県伊東市にも足を伸ばし、旅を通して生きることや命、家族、愛について思いをはせていく。国内外で作曲家やピアニストとして活躍する村井秀清が音楽を担当。珍しい樹木の自宅映像はもとより、撮影の合間に飛び出す彼女の率直な物言いや潔い生きざまが堪能できる。
ぼけますから、よろしくお願いします。

『ぼけますから、よろしくお願いします。』 2/8(金)~上映

監督・撮影 信友直子
プロデューサー 大島新、濱潤
共同プロデューサー 前田亜紀、堀治樹、山口浩史
作品解説 自身の乳がん闘病を描いたドキュメンタリー番組「おっぱいと東京タワー 私の乳がん日記」でニューヨークフェスティバル銀賞などを受賞したテレビディレクターの信友直子が、認知症の母親と耳の遠い父親を題材に手がけたドキュメンタリー。広島・呉に暮らす両親は、結婚もせずに仕事に打ち込むひとり娘・信友監督を遠くから静かに見守っていた。45歳で乳がんが見つかり、落ち込む娘をユーモアあふれる愛情で支える母。そんな母の助けにより、人生最大の危機を乗り越えた信友監督は両親との思い出づくりのため、父と母の記録を撮り始める。しかし、信友は母の変化に少しずつ気づきはじめ…。2016年と17年にテレビで放送された作品に追加取材、再編集を加えて、信友監督初の劇場作品として劇場上映。
止めれるか、俺たちを

『止めれるか、俺たちを』 2/8(金)~上映

監督 白石和彌
脚本 井上淳一
キャスト 門脇麦、井浦新、山本浩司、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、毎熊克哉、満島真之介、渋川清彦、音尾琢真、高岡蒼佑、高良健吾、寺島しのぶ、奥田瑛二、ほか
作品解説 「孤狼の血」「彼女がその名を知らない鳥たち」の白石和彌監督が、師匠である故・若松孝二の若き日を映し出す青春群像劇。1969年を時代背景に、何者かになることを夢みて若松プロダクションの門を叩いた少女・吉積めぐみの目を通し、若松孝二ら映画人たちが駆け抜けた時代や彼らの生き様を描いた。門脇麦が主人公となる助監督のめぐみを演じ、「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」など多くの若松監督作に出演してきた井浦新が、若き日の若松孝二に扮した。そのほか、山本浩司が演じる足立正生、岡部尚が演じる沖島勲など、若松プロのメンバーである実在の映画人たちが多数登場する。
生きてるだけで、愛。

『生きてるだけで、愛。』 2/15(金)~上映

監督・脚本 関根光才
原作 本谷有希子
キャスト 趣里、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗、ほか
作品解説 小説家、劇作家、演出家などマルチな活動を展開する芥川賞作家・本谷有希子の原作小説を主演に趣里、菅田将暉、仲里依紗ら共演で映画化。過眠症で引きこもり気味、無職の寧子は、ゴシップ雑誌の編集者である恋人・津奈木の部屋で同棲生活を送っている。感情を上手くコントロールできない自分に嫌気がさしていた寧子は、どうすることもできずに津奈木に当たり散らす日々。ある日突然、寧子の目の前に津奈木の元恋人・安堂が現れる。津奈木とヨリを戻したい安堂は、寧子を自立させて津奈木の部屋から追い出すため、無理矢理カフェバーのアルバイトを決めてしまう。数々のCMやAKB48、Mr.ChildrenなどのMVなどを手がけ、カンヌ国際広告祭でグランプリなどを受賞した関根光才の長編劇映画初監督作品。
サムライマラソン

★庄内ロケ作品 『サムライマラソン』 2/22(金)公開

監督 バーナード・ローズ
原作 土橋章宏
キャスト 佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人、門脇麦、阿部純子、奈緒、中川大志、ダニー・ヒューストン、豊川悦司、長谷川博己、ほか
作品解説 (作成中)
僕の彼女は魔法使い

『僕の彼女は魔法使い』 2/22(金)公開

監督 清田英樹
製作総指揮 大川隆法
キャスト 千眼美子、梅崎快人、春宮みずき、佐伯日菜子、高杉亘、不破万作、ほか
作品解説 (作成中)
映画 ドラえもん のび太の月面探査記

『映画 ドラえもん のび太の月面探査記』 3/1(金)公開

監督 八鍬新之介
脚本 辻村深月
声の出演 水田わさび、大原めぐみ、かかずみゆ、木村昴、関智一、皆川純子、広瀬アリス、中岡創一、高橋茂雄、柳楽優弥、吉田鋼太郎、ほか
作品解説 (作成中)
機動戦士ガンダムNT

『機動戦士ガンダムNT』 3/1(金)~上映

監督 吉沢俊一
脚本 福井晴敏
声の出演 榎木淳弥、村中知、松浦愛弓、梅原裕一郎、藤原歩、古川慎、塩田朋子、てらそままさき、中井和哉、山路和弘、ほか
作品解説 (作成中)
キャプテン・マーベル

『キャプテン・マーベル』 3/15(金)公開

監督 アンナ・ボーデン、ライアン・フレック
製作 ケビン・ファイギ
キャスト ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ベン・メンデルソーン、ジャイモン・フンスー、リー・ペイス、ラシャナ・リンチ、ジェンマ・チャン、アネット・ベニング、クラーク・グレッグ、ジュード・ロウ、ほか
作品解説 (作成中)
バンブルビー

『バンブルビー』 3/22(金)公開

監督 トラビス・ナイト
製作 マイケル・ベイ、ほか
キャスト ヘイリー・スタインフェルド、ジョン・シナ、ホルヘ・レンデボルグ・Jr.、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、スティーブン・シュナイダー、ほか
作品解説 (作成中)
ダンボ

『ダンボ』 3/29(金)公開

監督 ティム・バートン
脚本 アーレン・クルーガー
キャスト コリン・ファレル、マイケル・キートン、ダニー・デビート、エバ・グリーン、アラン・アーキン、ニコ・パーカー、フィンリー・ホビンス、ほか
作品解説 (作成中)

▲ページのトップへ戻る