鶴岡まちなかキネマ

昭和初期建築の木造工場を生かした映画館「鶴岡まちなかキネマ」
木のぬくもりを感じながらくつろげる、まちなかのオアシス空間です。

top> イベント情報
2017年11月18日(土)~
24日(金)

おいしい鶴岡 第2回 食の映画祭

食べることは生きること。“食” を考える映画祭が帰ってくる!

今年1月に好評を博した、『食の映画祭』が再びまちキネで開催されます。今年度は新たに「食育」をテーマに加え、日本で唯一のユネスコ食文化創造都市の鶴岡市で、食と映画を結んで“食”への関心を高め、学ぶ絶好の機会です。皆様のご来場をお待ちしております。

期間中、全国で話題を呼んでいる食に関する3本のドキュメンタリー映画や、給食で使用する味噌を園児たち自らが仕込んでいる、福岡市の高取保育園を舞台にしたドキュメンタリー映画も特別上映するほか、各種トークイベントやワークショップも開催予定。視覚・聴覚だけではなく味覚でも楽しめる贅沢な映画祭です。

★お得な前売券、好評発売中!!(1回券 1,000円/3回券 2,700円 ※当日 1,200円)★

  • 【開催期間】平成29年11月18日(土)~11月24日(金)
  • 【会場】鶴岡まちなかキネマ


《上映作品》
・『千年の一滴 だし しょうゆ
 日本人が食とどう向き合ってきたのか、その歴史と風土を見つめる日仏合作のドキュメンタリー。
・『74歳のペリカンはパンを売る。
 売っているのは食パンとロールパンの2種類のみ。浅草の老舗パン屋に長蛇の列ができる秘密とは。
・『カレーライスを一から作る
 カレーライスを材料も含め、すべて一から作ることを通じ命あるものを食べることの意味に向き合う。

2017年10月12日(木)

『あまねき調べ』(YIDFF2017 アジア千波万波 上映作品)上映&監督トークイベント

まちキネに、アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール両監督がやってきます!

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017ポストイベントとして、“アジア千波万波”部門上映作品の『あまねき調べ』上映会と監督によるトークイベントが開催されます。

ミャンマーとインドの国境近くのナガランドの農村に響く、自足自給の協働を支えるコール&レスポンス。田畑も、恋も、友情も、苦い記憶も、皆が歌とともにある。歌は村を包み込み、受け継がれていく。


※こちらのイベントは終了しました。

2017年8月27日(日)

アンパンマンがまちキネにやってくる!!

8/19(土)~上映の『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』まちキネ上映を記念して、アンパンマンがまちキネに登場するよ!いっしょに記念撮影をしようね!

★8/27(日) 10:40~の回 終了後/12:00~の回 開始前にアンパンマンに会えるよ!★

  • 【日時】8/27(日) 11:30~
  • 【場所】まちキネエントランスホール




『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』

※こちらのイベントは終了しました。

2017年8月19日(土)

赤川花火大会 臨時駐車場のご案内

8/19(土)の赤川花火大会当日、まちキネ駐車場は花火大会の臨時有料駐車場となります。花火会場へのアクセスに便利!ぜひご活用ください。

  • 【料金】1台2,000円(税込) 要駐車許可証掲示
    ※駐車料金は駐車場入口にてお支払いいただきます。
    ※映画のお客様は、映画館ご利用の時間に限り平常通り無料です。
    ※中止、延期の対応につきましては、お問い合わせください。





第27回赤川花火大会 公式サイト

※こちらのイベントは終了しました。
2017年6月5日(月)

シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛〈やじきた〉』解説付き上映

お馴染みの弥次さんと喜多さんの珍道中記『やじきた』を解説付きで!

東京・歌舞伎座「八月納涼花形歌舞伎」で上演された本作は、日本に留まらずラスベガスにまでたどり着いた二人の旅を、宙乗りや本水の立廻りなど歌舞伎ならでは演出を駆使して、観客を大いに沸かせました。

解説付き上映会は、歌舞伎大向弥生会会員で、NHK文化センターの歌舞伎講座講師の大須賀豊さんに、初心者にも分かり易く作品や役者、舞台の魅力について解説していただける貴重な機会です。ぜひご参加ください!

  • 【日時】
    平成29年6月5日(月) 開演10:30より
    ※解説(30分)の後に本編(1時間30分)を上映します。

  • 【料金】       
     前売券 2,300円 当日券 2,600円(シネマ歌舞伎鑑賞券+解説券)
    ※すでに映画の前売券をお求め済みの方や、学生・小人の方は、
     500円で解説分のチケットをお求めいただけます。

  • 《解説》大須賀 豊 氏(歌舞伎大向弥生会所属)

    ※こちらのイベントは終了しました。
2017年1月21日(土)~
27日(金)

第1回 つるおか食のおいしい映画祭

食がテーマの映画やトーク、パーティーなどが目白押し!

ユネスコ食文化創造都市である鶴岡にて、食と映画を結んで“食”への関心を高め、学ぶ機会として『つるおか食のおいしい映画祭』が開催されます。

期間中、全国で話題を呼んでいる食に関する3本のドキュメンタリー映画や、地域で学校給食をテーマに制作された映像作品などを上映するほか、各種トークイベントやおいしい催しなどが盛りだくさんです。

ぜひこの機会に、観て、食べて、学んで“食”についての興味を深めてみませんか?

  • 【開催期間】平成29年1月21日(土)~27(金)
  • 【会場】鶴岡まちなかキネマ


《上映作品》
・『一献の系譜
 能登という風土が醸し出す、杜氏の酒造りの世界を追ったオムニバスドキュメンタリー映画。
・『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)
 80年の歴史をもち世界が注目する日本食文化の集積地「築地市場」、その知られざる世界を描く。
・『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た
 世界一に4度輝いた北欧レストランのスタッフ達が、日本で期間限定店を開店するまでの日々に密着。

※こちらのイベントは終了しました。

2017年1月20日(金)

石井かほり監督 『めぐる 職人という生き方 上映と監督トークイベント

“職人”という生き方を浮かびあがらせていく

日本に古くから伝わる染色技法「木版染め」の職人・藤本義和に密着したドキュメンタリー、『めぐる 職人という生き方』の上映会とトークイベントが開催されます。

長い時を経て培った技で、木版染めの数少ない伝承者として活動を続ける藤本。その反物に命を吹きこむべくひたすらに版を押し続ける姿を映し出し、職人の生き方をめぐる作品。

「第1回 つるおか食のおいしい映画祭」で『一献の系譜』トークショーに訪れる石井かほり監督を招いて、作品について深めます。


2017年1月11日(水)

シネマ歌舞伎『阿古屋』解説付上映

玉三郎が魅せる豪華絢爛な義太夫狂言の名作を解説付きで!

高度な技術、表現力、美しさが必要なことから、演じられる人間が極めて少ない演目『阿古屋』。日本を代表する女方 坂東玉三郎が阿古屋を演じ多くの観客を魅了した公演が、シネマ歌舞伎作品としてスクリーンに登場!

解説付き上映会は、歌舞伎大向弥生会会員で、NHK文化センターの歌舞伎講座講師の大須賀豊さんに、初心者にも分かり易く作品や役者、舞台の魅力について解説していただける貴重な機会です。ぜひご参加ください!

  • 【日時】
    平成29年1月11日(水) 開演10:30より
    ※解説(30分)の後に本編(1時間33分)を上映します。

  • 【料金】       
     前売券 2,200円 当日券 2,500円(シネマ歌舞伎鑑賞券+解説券)
    ※すでに映画の前売券をお求め済みの方は、
     400円で解説分のチケットをお求めいただけます。

  • 《解説》大須賀 豊 氏(歌舞伎大向弥生会所属)

    ※こちらのイベントは終了しました。
2017年1月8日(日)

まちキネにジバニャンが来るよ!!

大ヒット中の『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の上映を記念して、1/8(日)まちキネにジバニャンがやってきます!ぜひカメラを持ってきて、ジバニャンと一緒に写真をとってね!

  • 【日時】平成29年1月8日(日) 10:30頃 登場予定
  • 【会場】まちキネエントランスホール

    ※こちらのイベントは終了しました。

2016年のイベント